コロナ流行時期の花粉症(アレルギー性鼻炎)は早めに治療しましょう。

  • HOME
  • お知らせ
  • コロナ流行時期の花粉症(アレルギー性鼻炎)は早めに治療しましょう。

コロナ流行下ではくしゃみなど飛沫を飛ばしやすい花粉症は早期に治療しましょう。

花粉症では鼻や目がかゆくなります。ウイルスのついた手や指で、鼻や目をこすってしまうとコロナウイルスに感染するリスクがあります。

花粉が飛び始める前、症状が軽いうちにくすりを始める「初期治療」を行うと、発症を遅らせ、例年より症状を軽くする作用があることが分かっています。早めの受診をお勧めします。