病気の解説

  • HOME
  • 病気の解説

小児中耳炎、鼻副鼻腔びふくびくう

保育園・幼稚園に通いだしたら、黄色や緑の鼻みずがでて治らない。薬をもらっていったん治っても、すぐに再発・・・。夜間急に耳を痛がって、受診すると急性中耳炎といわれた・・・。
 このようなお子さんは最近増加傾向です。近年の耐性菌の増加によって治りにくく、繰り返すお子さんも増えています。
 大抵のお子さんは小学校に入るころには中耳炎・鼻副鼻腔びふくびくう炎を繰り返すことはなくなります。しかし、4歳ごろまでに急性中耳炎を繰り返すと乳突洞・乳突蜂巣(耳周囲の骨)の発達が悪くなり、将来的に悪い影響が残る可能性があります。ほうっておくわけにはいきません。
 当院では抗菌薬(抗生物質)を使用し、鼻汁吸引、ネブライザー、鼓膜切開や鼓膜チューブなどの処置を組み合わせて治療を行っています。
お子さんが夜、ぐっすり眠れるように、そして聞こえに影響が出ないように治療しています。また、通院による親御さんの負担をできるだけ少なくするように心がけています。

アレルギー性鼻炎

春になると鼻はズルズル、目はショボショボ。勉強や仕事で自分が出せない人は多いのではないでしょうか。アレルギーの原因である抗原(アレルゲン)によっては夏や、秋も、また年中症状が出る場合もあります。
 アレルギーの薬は現在、内服・点鼻ともたくさんの種類が出ています。患者さんの症状に合わせ、また、眠気などの副作用が出ないよう、一人一人患者さんと相談して処方を決めています。
 スギ、ヒノキ、ハウスダスト、ダニなど抗原を特定する検査は血液検査で行っています。ご相談ください。

耳垢栓塞

小さいお子さんを持つお母さんの中には、たまにお子さんの耳の中を見ると、耳あかぎっしり、でも自分では取れない、そういう方も多いのではないでしょうか。また、ご高齢のかたで、もう何年も耳掃除してない・・・という方も。
 耳あかはあえてとらなくても、外耳道の奥から外へと出てしまうことがほとんどです。でも耳あかの性質や、外耳道の炎症によって固くつまってしまうこともあります。
 当院では顕微鏡で見ながら(患者さんもモニター画面で見ることができます!)、専用の器具や薬剤を使って耳あかを除去します。
 遠慮はいりませんので、「耳あかとって!」と言ってください。

頸部腫瘍、甲状腺腫瘍

「くびにしこりがある!」 患者さんの数はそう多くないですが、頸部けいぶの腫れは重大な疾患の可能性があります。
頸部けいぶのしこりには、良性腫瘍、がん、リンパ節、炎症、膿瘍のうよう・・・と様々な可能性があります。また、腫瘍の中にも良性・悪性ともに何種類もの疾患があります。様子を見るだけで良いものから、すぐ治療が必要な疾患もあります。もちろん早めの診断が良いのは言うまでもありません。
 当院では、エコーやファイバースコープ、細胞診、組織生検などの検査を組み合わせ、できる限り迅速に診断します。CTやMRIが必要なときは、近隣の和歌山ろうさい病院などで速やかに撮影していただけるよう連携しています。

※当院で行っている針細胞診検査
甲状腺腫瘍やくびのリンパ節に細い針(肘の注射と同じ太さです)を腫瘍に刺し、細胞を採取します。これを針細胞診といいます。当院ではエコーで病変を確認しながら検査針を穿刺し、サンプルが得られるよう心がけています。